HOME→ICHIMILE GRATORY TAILORING

活用度が高い無地のブラックとグレーについては、いつでもオーダーできるように定番として生地をストックしています。




冠婚葬祭などで数年振りに着ようとしたら体型が変わって着れなくなってしまう事は少なくありません。体型変化の度にスーツを買い直すのはもったいないですよね。

そんな時もこの2色の定番生地についてはいつでもオーダーできますので、後からサイズが合わないジャケットやパンツだけ作り直す事ができます。



オーダースーツの最大の醍醐味といえるのが、好きな生地でスーツを作る事ができるところです。
通年通して確保している定番のブラックとグレーとは別に、約250種類のサンプル生地から好きな生地を選ぶ事ができます。仕事用としてはもちろんですが、パーティー用などにも幅広くオーダーが可能です。



サンプル生地は半年に一回入れ替わるシステムとなっているので、シーズン毎に新作生地をチェックして頂く事ができます。 生地はA〜Dまで4段階に分かれており、B〜Dの生地についてはオプション料金がかかります(生地の価格はこちらをご覧下さい)。



好きな裏地をチョイスできるのもオーダースーツの楽しみの1つです。表生地を色と合わせてみるのもいいですし、あえて違った色や柄を選んでみるのも楽しいと思います。見えない部分ですがハンガーにかけた時など、ちょっとした時に見えるのがシャレてますよね。

裏地の素材はポリエステル素材とキュプラ素材から選ぶ事ができます。
※裏地の選択に反映されるのは、ジャケットの身頃裏、ベストの身頃裏と背面となります。ジャケットの袖裏はグレーストライプ、スラックスの裏地はグレーで固定されております。

【ポリエステル素材】
ポリエステル素材の長所は耐久性で、短所は通気性の悪さと静電気を溜めやすいということです。
こちらでは全11色の無地、6色の小紋柄、6色のヘリンボーン柄、無地ストレッチ6色を用意しております。









【キュプラ素材】
キュプラの長所は滑らかさと通気性の良さです。反対に短所はやや耐久性が劣ることですが、同じスーツを1週間着続けたりしなければ、そこまで気にする必要はないかと思います。
こちらの素材では全13色の無地と柄生地があります(柄生地は後日入荷)。
※キュプラ素材を選択した場合はオプション料金がかかります(価格はこちらをご覧下さい)。




オーダースーツで何気に大事なポイントがボタンの組み合わせです。ベーシックな無地のボタンから、カジュアルなカラーボタンまで取り揃えました。
素材も練りボタン、ナットボタン、水牛ボタンの3種類から選ぶ事ができますので、表生地や裏生地をうまく組み合わせて自分だけの1着を作り上げて下さい。
※ナットボタンと水牛ボタンを選択した場合はオプション料金がかかります(価格はこちらをご覧下さい)。

【通常ボタン】
光沢、形状、色の混じり具合などまさに定番と呼べる確かな品質を持ったレギュラークオリティボタンです。マットな質感のスリムボタンが全10種類、艶のあるカラーボタンが全9種類となります。





【ナットボタン】
タグアヤシの木の実を原料とした象牙色の美しい地肌とツヤが特徴の天然素材を使ったボタンです。色や質感、手触りも異なる全19種類を用意しております。




【水牛ボタン】
ボタンとして最も高級とされる水牛のボタンも用意しております。水牛ボタンは耐久性があり長年の使用でも変色がないのが特徴です。4種類の中から選ぶ事ができます。