日本が世界に誇るフェザー・ダウンのブランド「河田フェザー」のダウンを使用したエンハーモニックタヴァーンのダウンベスト

本日はエンハーモニックタヴァーンの新作案内です。

個人的にかなり激アツなダウンベストを紹介します。

春に開催したタヴァーンの店頭展示会でも、このダウンベストが一番人気でした。

「河田フェザー」という国産のダウンを使用している高品質と、シンプルでシャレているデザインと配色が理由じゃないかと。正直安物のダウンベストとは全く別物と考える事ができる1着です。

長く使えるダウンベストが欲しい方・・・・損はさせませんので是非こちらをお買い上げ下さい。

入荷色はグレージュとなります。








Enharmonic TAVERN(エンハーモニックタヴァーン)
NO.LSD-AG3V1
Mix Quilt sown vest / ダウンベスト
COLOR&SIZE
GREGE:46(M)
PRICE:62,640円(58,000円)

日本が世界に誇るフェザー・ダウンのブランド「河田フェザー」のダウンを使用したダウンベストです。

日本の職人が1着1着手作業でダウンを詰めて作製する正真正銘の日本製ダウンで、複数のキルト柄を採用したデザインが特徴となります。

「河田フェザー」とは日本で唯一の羽毛素材メーカーの会社の名前であり、その会社が精製加工した羽毛のことです。真羽毛という中古羽毛や加工過程で出る埃などが混じっていない、本物の羽毛を取り扱っており、河田フェザーと言えば高品質の代名詞となっているほど。

また「KWDマーク」という羽毛の品質を保証するマークを独自に発行しており、もちろんこのダウンベストにもついております。このマークは、羽毛に増量剤は一切含まれていないこと、そして長期間飼育されたよい状態の水鳥の羽毛を使っているという保証になっています。

3つの異なるキルト柄は、どの柄も方向や形に共通点を持たせることで、一見不均一な中にバランスを作り出しています。特に胸から肩にかけてのひょうたん柄は、ダウンではなかなかできないといわれており、まさに日本の匠がなせる技です。

フロントのファスナー、フードが収納された衿のファスナー、左右のポケット部分のファスナー、全てにおいてエクセラ製のファスナーを採用。 エクセラは海外の有名ブランドも使用する高級ジッパーで、金属1つ1つに磨きをかけている為、滑りがよく美しい光沢が特徴となります。

表生地に2種類の素材、3種類のキルト柄を組み合わせながらも、全体の印象としては長く愛用できるデザインにまとめております。

ネックファスナー部分にはいざという時に便利なフードを収納。

裾とアームホールには風の侵入を防ぐ為に、緩くゴムを入れており、裏地には肌当たりのよいベロア生地を採用しました。

高品質なダウンと、タヴァーンのデザインがうまくマッチした珠玉の1着です。

44、46、48、50の4サイズ展開です。

僕が着てみました。

色もいいんですけど着心地も抜群ですね。

カジュアルからきれい目まで合わせやすい色なので、着こなしに取り入れやすいですよ。

オンラインショップへはアップ済みですので下記ページでご確認下さい。

PC:http://www.discovery-jp.com/online_shop/enharmonic_tavern/lsd_ag3v1/lsd_ag3v1.html

スマートフォン:http://www.discovery-jp.com/cart/s_goods_detail.cgi?CategoryID=145&GoodsID=6249

DISCOVERY 水尻

お知らせ

土日祝日の空いている日に働いてくれるアルバイトを募集しております。洋服好きな方お待ちしております。

詳しい条件などは下記をご覧下さい。

http://www.discovery-jp.com/sb2/log/eid839.html

—————————————–
DISCOVERY
〒918-8104 福井県福井市板垣5-1013
TEL:0776-35-8331 FAX:0776-35-8332
URL:http://www.discovery-jp.com
BLOG:https://discovery-jp.com/cp-bin/wordpress/
Mail:mailto@discovery-jp.com
FACEBOOK:http://www.facebook.com/discovery0720
755 : http://t.co/2f1A6ALnAz
Twitter:@DISCOVERY2008
Instagram:discovery2008
—————————————–

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。