スター・ウォーズ(最後のジェダイ)を見た感想

先日の休みにスターウォーズの新作を映画館で見ました。

あのね~~批判を承知で言わせてもらうけど。

ジョージルーカスこれでいいのか??

知らない人もいると思うので簡単に説明すると、スターウォーズはジョージルーカスという人が考えたお話しです。

当初の構想では9部作だったのですが、4(1977年)、5(1980年)、6(1983年)の旧三部作、1(1999年)、2(2002年)、3(2005年)の新三部作を作った後に、自信の年齢なども考慮して、当初の9部作を変更して6部作で完結させるって話しになったんですよ。

まぁ、お話しとしては6部作でうまくまとまってますし、無理に作らなくてもいいとは思ってました。

あと新三部作ってあんまり評判がよくなくて、その辺りも影響したんじゃないかと(僕は嫌いじゃないですけど)。

で、状況が変わったのは、2012年10月、ウォルト・ディズニーがルーカスフィルムを買収して、新たな三部作の製作を発表しちゃったんですよ。

「ディズニー余計な事すんじゃねーーよ」と、当時思ったのですが、公開された前作(スター・ウォーズ7/フォースの覚醒)を見て確信に変わり、新作(スター・ウォーズ8/最後のジェダイ)見て絶望しました(笑)

よくもまぁ、これだけ糞な映画にしてくれたものだと。

なんというか、過去の作品のオマージュ的な部分はしっかりとあったりするし、登場人物もかぶっている訳で、そういう意味ではスターウォーズファンを喜ばせようという意思は感じられるんです。

その辺りを理解した上で、言わしてもらいます。

つうかなんだよコレ。

監督・脚本のライアン・ジョンソンは、腹を切ってファンに詫びを入れてほしい。

スターウォーズで一番大事なのは”世界観”なのよ。

長く続いてるシリーズは、世界観が壊れると台無しになっちゃうんです。

前作も思ったけど、単に素質がある程度のおねえちゃん(こいつ前作よりデブになってないか?笑)が、なんでこんなに強いんだよ。

あとラスボスだった筈の人が、あまりにあっけなくやられちゃうってのもどうなのよ?

あと、ライトセーバー戦もっと見せてくれよ。

暴れん坊将軍だって、最後の殺陣があるからみんな納得するんだぞ。

なんかおざなりなライトセーバー戦やりやがって・・見てて悲しくなったわ。

レイア姫のキャリー・フィッシャーなんて、これが遺作なんだぞ!

宇宙空間飛ばしていいと思ってんのか?(見た人はわかりますよね)。

ただ、レビューを見ると意外に好評だったりするので、もしかすると僕みたいな意見は少数なのかもしれません。

けどなぁ、あれでいいのかなぁ。

子供の頃スターウォーズ見てワクワクした世代としては、これじゃない感が凄かったので、愚痴を書かせてもらいました。

あまりに悲しいので、下記でも買って見直そうかと思っております・・・。

DISCOVERY 水尻

—————————————–
DISCOVERY
〒918-8104 福井県福井市板垣5-1013
TEL:0776-35-8331 FAX:0776-35-8332
URL:https://www.discovery-jp.com
BLOG:https://discovery-jp.com/cp-bin/wordpress/
Mail:mailto@discovery-jp.com
FACEBOOK:https://www.facebook.com/discovery0720
755 : https://t.co/2f1A6ALnAz
Twitter:@DISCOVERY2008
Instagram:discovery2008
—————————————–

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。