ジオールドサーカスの根底にあるアイテム”ブーツカットデニム”のユーズド加工タイプが再入荷

エイプリルフールのネタを書こうと思っていたのに、気が付いたら2日になっていた水尻です。

無念です・・・。

明日は定休日ですが、先週に引き続き日帰りの弾丸出張となります。

パドローネの秋冬展示会と、夏にむけて取り扱いを考えている革ブランドの工房を見てきます。

考えてる・・・とはいっても、取り扱い自体はほぼ決定なので、近々紹介できると思います。

もうしばらくお待ち下さい。

ちなみに革・小物のブランドです。

では本日はジオールドサーカスの商品を紹介します。

まずは再入荷したサーカスの代名詞ともいえる、ブーツカットデニムのユーズドタイプ。

最初に2116と名前がついた、足を細く長く見せるタイプから。

スポンサーリンク

タイトブーツカットデニムユーズド

入荷色はインディゴとブラックです。

THEE OLD CIRCUS(ジオールドサーカス)
NO.2116-HW
タイトブーツカットデニムユーズド
COLOR&SIZE
INDIGO:25 26 27 28 29 30 31
BLACK:25 26 27 28 29 30 31
PRICE 25,920円(24,000円)

ジオールドサーカスにとって底辺的存在でもある、タイトシルエットのブーツカットデニムです。

岡山の職人によるストーンバイオ加工+シェービング加工+オイル汚し加工など多くのユーズド加工が加えられたユーズドバージョンになります。フロントはボタンフライになります。

14オンスの生地を採用する事により、メンズらしい長く愛用した際の色落ちに納得する生地となっています。

ディテールとしては無駄を削ぎ落としたシンプルな仕上がりで、極端に細いシルエットながらもジャストサイズで足を細く長く見せる事を中心に考えられたラインは、何ともいえずカッコいい仕上がりになります。

最初はタイトで窮屈ですが(フロントのボタンが留まらない事もあります)、デニムが馴染んで伸びていくと他では味わえないジャストフィットのシルエットが楽しめます。

特にウエストは穿いていくと1インチくらいは普通に伸びるので、最初きつくても我慢して穿く事をおススメします。

INDIGOは一般的なブルーデニム、BLACKは裏糸も黒く染められたブラックデニムになりま

25、26、27、28、29、30、31の7サイズ展開です。

穿いてみました。

とにかく足を細く長く見せることと、ブーツに合わせる事が前提になったデニムパンツです。

トップスもタイトなサーカスのアイテムを合わせたので、いわゆる無骨でカッコいい雰囲気となりました。

これに革ジャンやタイトなジャケットを羽織るのが、王道的な着こなしじゃないかと。

最近のゆるい着こなし見てると、アンチテーゼとしてこのスタイルが新鮮に感じてくる自分がいたりします。

ちなみに昔は29インチが穿けたんですけどね・・・笑

オンラインショップへはアップ済みですので下記ページでご確認下さい。

PC:https://www.discovery-jp.com/online_shop/thee_old_circus/2116-hw/2116-hw.html

スマートフォン:https://www.discovery-jp.com/cart/s_goods_detail.cgi?CategoryID=98&GoodsID=5694

続いてはシルエットと細かいディテールが異なった、通称”ロデオ”タイプとなります。

ロデオブーツカットデニムユーズド

入荷色は同じインディゴとブラックです。

THEE OLD CIRCUS(ジオールドサーカス)
NO.RODEO-HW
ロデオブーツカットデニムユーズド
COLOR&SIZE
INDIGO:0 1 2 3
BLACK:0 1 2 3
PRICE 25,920円(24,000円)

無骨感のある中太タイプのデニムパンツ(通称ロデオタイプ)です。

岡山の職人によるストーンバイオ加工+シェービング加工+オイル汚し加工など多くのユーズド加工が加えられたユーズドバージョン

14オンスの生地を採用する事により、メンズらしい長く愛用した際の色落ちに納得する仕上がりになっています。

ヒップ周りの形にこだわる事により、少し腰へ落とす様な履き方をしても、もたつきがなくすっきりとしたシルエットに仕上がります。

右バックのベルトループに取り付けた丸カンも、このモデルの目印になっています。

フロントはボタンフライになります。

2116ほどタイト感がなくフィット性によるジャストサイズを探すタイプではないので、こちらはサイズレンジが4つとなります。

INDIGOは一般的なブルーデニム、BLACKは裏糸も黒く染められたブラックデニムになります。

穿いてみました。

先に紹介した2116との違いが分かるように、トップスは同じ感じでコーディネートしました。

写真を見比べると、こちらの方が膝下のシルエットが太くなっているのが分かると思います。

見た目の大きな違いはその部分なんですけど、着用感もかなり違うんですよね。

こちらの方がやや深めの股上なので(とはいっても股上は浅めです)、腰回りのフィット感はこちらの方がありますね。

僕的には、2116がロックっぽい雰囲気、ロデオはバイカーっぽい雰囲気ですね。


オンラインショップへはアップ済みですので下記ページでご確認下さい。

PC:https://www.discovery-jp.com/online_shop/thee_old_circus/rodeo-hw/rodeo-hw.html

スマートフォン:https://www.discovery-jp.com/cart/s_goods_detail.cgi?CategoryID=98&GoodsID=5696

続いてはキレイな襟元の立ち上がりが素敵なコートです。

コートといってもシャツ感覚で着れるので、初夏くらいまで普通にきれると思います。

311_L(ドルマンスリーブロングコート)

入荷色はグレーです。

THEE OLD CIRCUS(ジオールドサーカス)
NO.8121
311_L(ドルマンスリーブロングコート)
COLOR&SIZE
GRAY:1(S) 2(M) 3(L)
PRICE 34,560円(32,000円)

ドルマンスリーブ(肩から脇にかけて縫い合わせがないパターン)を採用したコートです。

素材には4方向に伸びる特殊なナイロン素材を用いており、ジャージの様な動きやすさを兼ね備えました。

それでいてヤレた様なサーカスならではの雰囲気も感じさせてくれ、スポーツっぽさとモード感も感じさせる珠玉の1着です。

生地に触れるとカサついた手触りと軽さが実感できます。梅雨時期の初夏や残暑が厳しい秋口にぴったりです。

素材自体は撥水効果も兼ね備えているので、レインウェアとして着るのもおススメです。

デザインも肩に縫い目ないドルマンスリーブだけじゃなく、高くて立体的なネックもポイントです。

衿回りにワイヤーを入れる事で、薄手の生地ながらもしっかりと襟が立つ仕様。

フロントのジッパー位置を少し左にずらしているので、開けた時の左右非対称なバランスはもちろん、閉じた時の見た目も非常にカッコいいです。

WALDESのダブルジッパーを採用しているので、下からだけジッパーを開ける事も可能となっています。

袖先は断ち切り仕様で、カフスなどもついていないので、夏は袖をたくし上げてきるのもおススメです。

製品後に水洗いを施しているので、家庭での洗濯も可能ですし、水洗いしても縮みなどはほとんどありません。

0(XS)、1(S)、2(M)、3(L)の4サイズ展開です。

着てみました。

素材感と着丈を生かして、少しモードな雰囲気でコーディネートしてみました。

こういうロング丈のアイテムは体型を隠してくれるので、スタイルをよく見せる事ができます。

人間見えない部分は想像になるので、いい風に解釈してくれるんですよね。

だからお腹回りの肉が気になったりする人は、こういうアイテムを使った方がいいんです。

そういう意味では洋服好きだけじゃなく、スタイルをよく見せたいと思っている人にもおススメの1着だったりします。


オンラインショップへはアップ済みですので下記ページでご確認下さい。

PC:https://www.discovery-jp.com/online_shop/thee_old_circus/8121/8121.html

スマートフォン:https://www.discovery-jp.com/cart/s_goods_detail.cgi?CategoryID=98&GoodsID=6481

続いては今の時期にぴったりのジップブルゾンです。

スポーティーな匂いもしつつ、ミリタリー感のあるという、ある意味贅沢な1着です。

311(ドルマンスリーブブルゾン)

入荷色はグリーンです。


THEE OLD CIRCUS(ジオールドサーカス)
NO.8120
311(ドルマンスリーブブルゾン)
COLOR&SIZE
GREEN:1(S) 2(M) 3(L)
PRICE 25,920円(24,000円)

ドルマンスリーブ(肩から脇にかけて縫い合わせがないパターン)を採用したジップブルゾンです。

素材に4方向に伸びる特殊なナイロン素材を用いており、ジャージの様な動きやすさを兼ね備えました。

それでいてヤレた様なサーカスならではの雰囲気も感じさせてくれ、スポーツっぽさも感じさせる珠玉の1着です。

生地に触れるとカサついた手触りと軽さが実感できます。梅雨時期の初夏や残暑が厳しい秋口にぴったりです。
素材自体は撥水効果も兼ね備えているので、レインウェアとして着るのもおススメです。

デザインも肩に縫い目ないドルマンスリーブだけじゃなく、高くて立体的なネックもポイントです。

衿回りにワイヤーを入れる事で、薄手の生地ながらもしっかりと襟が立つ仕様。

WALDESのダブルジッパーを採用しているので、下からだけジッパーを開ける事も可能となっています。

袖先は断ち切り仕様で、カフスなどもついていないので、夏は袖をたくし上げてきるのもおススメです。

製品後に水洗いを施しているので、家庭での洗濯も可能ですし、水洗いしても縮みなどはほとんどありません。

0(XS)、1(S)、2(M)、3(L)の4サイズ展開です。

着てみました。

スポーツっぽい感じですが、シルエットはサーカスらしくタイトなので、少し無骨な雰囲気でコーディネートしてみました。

スウェットパンツとかで合わせると、単なるスポーツウェアになってしまうので、このタイプのスポーツタイムは、ワーク・ミリタリー・ドレス、といった違った雰囲気をミックスするとお洒落に着こなせます。

足もともスニーカーよりは、革靴(夏ならレザーサンダル)の方がバランスが取りやすいと思います。


オンラインショップへはアップ済みですので下記ページでご確認下さい。

PC:https://www.discovery-jp.com/online_shop/thee_old_circus/311/311.html

スマートフォン:https://www.discovery-jp.com/cart/s_goods_detail.cgi?CategoryID=98&GoodsID=6494

では本日もお待ちしております。

DISCOVERY 水尻


お知らせ

土日祝日の空いている日に働いてくれるアルバイトを募集しております。洋服好きな方お待ちしております。

詳しい条件などは下記をご覧下さい。

https://discovery-jp.com/cp-bin/wordpress/2017/12/13/post-3368/

—————————————–
DISCOVERY
〒918-8104 福井県福井市板垣5-1013
TEL:0776-35-8331 FAX:0776-35-8332
URL:https://www.discovery-jp.com
BLOG:https://discovery-jp.com/cp-bin/wordpress/
Mail:mailto@discovery-jp.com
FACEBOOK:https://www.facebook.com/discovery0720
755 : https://t.co/2f1A6ALnAz
Twitter:@DISCOVERY2008
Instagram:discovery2008
—————————————–

スポンサーリンク

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。